2012年11月21日

iPhoneユーザーを増やすため?

 iPhoneに関する噂が再燃した。あるアナリストによれば、米国Appleが安価な「大衆向けiPhone」を発売する計画を立てているという。とはいえ、この話はまゆつばものだ。新たに公表されたレポートでは、消費者が選ぶのは世代が古かったり安価だったりするモデルではなく、iPhone 5だとの結果が出ている。「大衆向けiPhone」をリリースしたところで、一体だれが購入するのだろうか――。

つづきはこちら

iPhone miniって何でしょうね。廉価版iPhoneとなっているけれど、iPhone買う人がそういう商品いるのかな?とちょっと疑問になりました。

安くて小型、でもサービスや容量は変わらないとなると飛びつく消費者は多いだろうけど、容量やサービスが落ちるならば少々高くてもiPhone買うけどなぁ。

他国では需要があるかもしれないけれど、日本ではそう需要もなさそうだから発売はないと思っています。
【関連する記事】
posted by saburou at 14:27| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。